部品屋K&W 

バイクパーツ・カスタムのことなら おまかせ!
ビクトリーカスタムペイントさん\(^o^)/



こんばんはー\(^o^)/

今日はお天気が良くて暖かい一日でしたね\(^o^)/


さて、今日は以前ビクトリーカスタムペイントに素晴らしいペイントを施していただきました東メラティ(バイクのニックネームね!)をローリングにして、まさかの2時間以上かけて4人がかりでバイクリフトから降ろしました\(^o^)/

神経使い過ぎて腹が減ったので、とりあえず無事に降ろしてからみんなで夕食(今夜は鶏肉と大根の煮物\(^o^)/)を食べて只今10時35分\(^o^)/


1



今からハンドルの位置を決めて本付けしていきます\(^o^)/


今からだよ\(^o^)/


時間考えろって\(^o^)/


今から作り始めたら朝になるだろって\(^o^)/


必要なパーツはいよいよK&Wに新しく導入された複合機で削り出していくよー\(^o^)/


記念すべき第一号の複合機から生まれるパーツでーす\(^o^)/




感動(ToT)





こちらの東メラティ、ビクトリーカスタムペイントさんがペイントして下さったわけですが、実は最初の予定の納期より少しだけ遅れておりました。

ボスは納期にうるさく言う事はしません。確かに納期を守ることは大切ですが、それ以上に作る側の(この場合は塗る側ですが)モチベーションだったり、よいものをオーナーに提供するといったことの方を大切に考えていますし、本当に良いものならば待てるはずだ、という考えの人です。ですからボスは業者さんに無理をさせることよりもオーナーに理解してもらえるよう努力します。それはK&Wの仕事でも同じで納期が遅れる場合にも、急いでこんなもんでいいだろう、ということは絶対にせず、良い仕事をするには予定していた以上の時間がかかる場合があることをオーナーには説明させていただき、必ずや「待っていた甲斐があった」と言っていただけるよう誠心誠意全力で取り組むことを大切に考えています。

今回ビクトリーさんから、納期が遅れていることのお詫びの言葉と共に、「どうしても気になる部分があるので、もしも理解をいただけるのであれば、あと1週間待っていただくことになるが、どうしても自分としてはその気になる部分をやり直したい」というような内容の御連絡をいただきました。ボスは、「どうぞ納期のことは気になさらずビクトリーさんの納得のいくお仕事をして下さい」と伝えました。そして出来上がってきたペイントは皆さんも御承知の通り、息をのむほどに美しく正確で素晴らしい塗装でした。K&Wで一生懸命に製作されたバイクが、このような強い責任感と誠実な仕事で完成することを本当に嬉しく思いますし、誇りに思います。そして何よりオーナーがとても満足して喜んで下っている姿を見るのは私達も本当に胸がいっぱいになる最高の瞬間なのです。


仕事なんだから頑張るのは当たり前のことですし、お客さん商売なのですからお客さんとの約束を守るのも当たり前なのですが、やはり「ものつくり」という視点から考えると、「よいものをつくりお客さんの元へ届ける」というのが最も大切なことなんではないかな、と感じます。そのような大切なことひとつひとつを、ボスを始め、責任を持って素晴らしい技術で応えてくださる業者の方々からも学ばせて頂いている毎日です。


只今、K&Wではショールームなどの改築、増築の工事を行っております。それを知ったビクトリーさんから去年の年末に連絡があり、「完成したらみんなで見に行こうと思ってます!」と言っていただけました。それをボスに伝えると、

「ビクトリーさんは本当に優しい人だよねぇ、こういう人をね、裏切ったりだましたりしては絶対にバチが当たると僕は思うよ」と言っていました。仕事を通じてのお付き合いですので決してお友達ではありませんが、ビクトリーさんとのお付き合いはきっと死ぬまで続くんじゃないかなー、と123ちゃんは思っています。そして何より、いつまでもいつまでもお互いの技術と人生を高め合う信頼できる仕事仲間であり続けたい、と願ってやみません。



というわけで、



さー、今夜もがんばるぞー\(^o^)/




もうすぐ日付変わるー\(-o-)/










スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫